2010年02月11日

Google Maps APIの文字化け解決法

   
世の中はじわじわUTF-8が当たり前になってきているようです。地図表示で便利な『Google Maps API』も当然のごとくUTF-8の仕様となっています。

しかしながら以前から運営しているサイトはEUCやらShift_jisやら文字コードが異なる場合も多く、『Google Maps API』を使用するページだけ文字コードを変更して対応、という事もしばしば。


…だったのですが。これはとても簡単な解決法がありました。


ライブラリを呼び出す際の、
<script src="http://maps.google.com/maps…" type="text/javascript"></script>
これを、
<script src="http://maps.google.com/maps…" type="text/javascript" charset="utf-8"></script>
とすれば良いだけ。とても簡単。


これで異なる文字コードが混在する気持ち悪さから開放です。


ino@


posted by Liang Zhaohong at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイト制作全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。