2013年02月19日

便利!Thunderbirdでメールをインポート&エクスポート

   
メーラーはずっとThunderbirdな自分は、気付けばメールアカウントが30ほどに達し、さすがに暫くは見ないであろう使っていないアカウントを整理していました。するとどうでしょう。そんな時に限って、消したアカウントのメールを確認する必要がある状況になったりするものです。

Thunderbirdはアカウントを削除してもメールが残っている事は「Thunderbird Portableのデータ移行」の時に経験済み。ただ、アカウントを追加せずにメールだけ読み込むのは未経験でした。そんな時に役立つのが「Import Export Tool」というアドオンです。

まずは保存されているメールの場所を確認します

windows7だと下記に置かれています。途中が隠しファイルになっているので、隠しフォルダが見える設定にしましょう。

C:\Users\[ユーザ名]\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles\[プロファイルフォルダ]\Mail\[アカウント名]

ファイルを確認します

拡張子が見える状態だと、拡張子無しと「.msf」という拡張子の二つがあるかと思います。この拡張子が無いファイルがmbox形式というThunderbirdの保存ファイルです。

ファイルを確認できたら「Import Export Tool」をインストールします

Thunderbirdメニューのツール -> アドオン で、「Import Export Tool」と検索してインストールしましょう。インストール後、再起動すると使えるようになります。使い方は簡単で、インポートしたいトレイの上で右クリックすると「インポート・エクスポート」という機能が追加されているので、そこで「mboxファイルをインポート」とし、インポートしたmboxファイル(拡張子が無いファイル)を選択すれば、すぐにインポート完了です。

ちなみにeml形式も読み込めるようなので、他のメーラーのメールも開くことが出来そうです。
便利なThunderbirdの活用例でした。
posted by Liang Zhaohong at 12:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サンダーバードV24でアドオンツールをIMPORTEXPORTツールをインストールしたのですがツール⇒IMPORTEXPORT メニューでインポートのところが選択できません。たとえば「emlファイルをインポート」などです。OUTLOOKやWindows Liveメールをサンダーバードに統合したいのですがインポートできず困ってます。お分かりになる方がいたら幸いです。
Posted by 佐藤一郎 at 2014年05月07日 11:03
>佐藤さん
私も同じ悩みを抱えていろいろ試したところ、移行するために作成したフォルダ上で右クリックするとImportExportToolsが表示され、その中のemlファイルのインポートは選択することができました。
Posted by へろりん at 2014年06月02日 16:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。