2013年11月14日

各種SNSの使い分けを検討してみた

   
TwitterとFacebookを台頭に短期間で世界中に広まったインターネットサービスといえば「SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)」ですが、機能が充実するにつれ、どのサービスも似通った印象を受けてしまう一面もあります。

しかし多くのサービスがあるという事は、どこかで差別化を図ろうとしているはず。という事で今回は、それぞれのSNSの活用法を見出すために自分なりの解釈を書いてみようと思います。

Twitter

https://twitter.com/liangzhaohong/

自分はTwitterをSNSのメインとして使用しています。基本的に「Twitter -> FacebookとGoogle+へ自動投稿」という流れにしています。

利用用途としては主に投稿用で、あまり閲覧しなくなってきた気がしています。というのも、近年botやもろアフィリエイターだと思える量産されたようなアカウントが多くなっているため、ノイズが多いと感じる事が増えたためです。

ただ、311の地震の際は多くのリアルタイム情報が集まり、感動しましたね。特定のキーワードを元に情報を得たい場合は積極的に閲覧するのがTwitterがベストなのは今後も変わらないのでしょう。


Facebook

https://www.facebook.com/liangzhaohong

Twitterの反対で、利用用途としては主に閲覧用のSNSという位置付けで利用しています。1日1回はニュースフィードをダラダラ見てしまいますね。

投稿内容は基本的にTwitterからの自動投稿。


Tumblr(タンブラー)

http://www.a-ino.com/

以前はFacebookをミニブログ的に利用していたのですが、Tumblrの存在を知ってからはTumblrに乗り換えました。Tumblrに乗り換えた理由は下記。

・投稿記事を編集できる
・独自ドメインを利用できる
・写真のレイアウトがキレイ

どれもとても魅力的!

操作感やフォローといった概念はSNSですが、Tumblrは「ミニブログ」。ブログなので、投稿後でも記事を編集できます。TwitterやFacebookは投稿後に編集できません。ブログ世代の自分としては、やはり記事の編集機能は不可欠です。

Twitterと同内容をTumblrにも同時掲載しておき、Tumblrだけは後で文章を追記したり写真を追加したりして、個人ブログとしての利用を始めてみましたが、とてもお手軽で使いやすいのです。

また独自ドメインが使えるのもメリットですね。

写真はテーマによりますが、基本的に複数の写真を投稿すると自動的にレイアウトが組まれ、何だか良い見た目になってくれるので、嬉しくなってしまいます。


リンクドイン

http://www.linkedin.com/in/liangzhaohong

リンクドインはビジネス寄りな印象。勤めている会社、キャリア、職歴など、まるで履歴書のようなプロフィールが特徴です。

Google+

https://plus.google.com/101425429361232695602/about

いつもお世話になっているGoogle様ですが、SNSとして利用したのは一番最後でした。そのため、他のSNSでいろいろ用途を模索している中、Google+(ぐぐたす)だけはまだ用途を見出せていません。でもとりあえず、Twitterの投稿を送ってみたりしています。


いかがでしょうか?「SNS、一つでえぇやん!」と言われればそれまでですが、ウェブ関係の仕事をしている以上、必ず係わるSNS。使ってみないと仕事としてもったいない反面、ただただ使うのもツマラナイ。という時、こんな使い分けをしてみると、活用している感じになるかもしれませんよ。
posted by Liang Zhaohong at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイト制作全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。