2015年05月03日

モバイルフレンドリー対策 - PCとスマホそれぞれ別のサイトがある場合の対応

   
Googleモバイルフレンドリー。SEO業界においてGoogleのアルゴリズム変更は死活問題となることが多いのですが、2015年4月21日に実施されたアルゴリズムの変更に「モバイルフレンドリー」というキーワードがあります。今回はこのモバイルフレンドリーの対策の中でも「リダイレクト」を使用した際のGoogle側の解釈について書きたいと思います。

モバイルフレンドリーとは?

まずはそもそものモバイルフレンドリーに関する説明ですが、簡単に言うと「スマホ向けに見やすく出来ていないサイトは、スマホでの検索結果の順位を下げちゃいますよ」というもの。文字サイズやリンクの押しやすさなど、スマートフォンで閲覧しやすいサイトであるかどうかをサイトの評価基準にする、という考え方です。

基本的な対策

Googleが推奨するモバイルフレンドリーなサイトは「レスポンシブ対応済みのサイト」とされています。PC版とスマホ版が別々の存在する場合、URLが異なってしまうため、同一URLで画面サイズやユーザーエージェント毎に表示を切り替えるレスポンシブ対応済みのサイトが推奨されています。

既にPCとスマホそれぞれのサイトがある時はどうすれば良いか

PCサイトとスマホサイトを別々に作成している場合、レスポンシブ対応とするのが困難な場合もあります。そんな時はリダイレクト処理を行えば解決できます。

まず、モバイルフレンドリーかどうかはGoogleが提供しているツールで確認することができます。

▼モバイルフレンドリーテスト
https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

このモバイルフレンドリーは「最終的に表示されたページがモバイルフレンドリーかどうか」を判断基準としています。そのため、スマホからのアクセス時はスマホサイトへリダイレクトするようにしておけば、モバイルフレンドリーとして認識されます。

結論としては、「どのページをどの端末で見ても最適化されている」という事が標準となる今後のウェブサイトのあり方の第一歩のような施策に感じます。

PCとスマホそれぞれ別のサイトがある場合のモバイルフレンドリー対応と、リダイレクトに対する解釈についてでした。


タグ:google
posted by Liang Zhaohong at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイト制作全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。