2015年05月17日

ツイートボタンがいつの間にか表示されなくなってしまった時に確認すべきこと

今や多くのサイトに付けられているツイートボタンが、いつの間にか表示されていない。表示されていないというより、ボタン画像が無くテキストリンクになっている。そんな状態になってしまった時に確認すべき事をご紹介。

続きを読む
posted by Liang Zhaohong at 02:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | SNS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月25日

【ツイッターAPI】twitteroauth.phpでエラーが発生して困った時の対処法

バージョンアップにより動作しなくなって困った事が記憶に新しいツイッターAPIですが、この解決後は順調に活用していました。

ある日、とあるサーバーでいつも通り検索のAPIを導入しようとしたところ、いきなり下記のようなエラーが発生。

Parse error: syntax error, unexpected T_STRING, expecting T_OLD_FUNCTION or T_FUNCTION or T_VAR or '}' in {ファイルパス}twitteroauth.php on line 17

「twitteroauth.php」+「OAuth.php」+表示用PHPファイルはお決まりのセットで、他の環境で動作していたにもかかわらず、いざ動作させたいサーバーへアップしたところ上記エラーが発生。

エラーの内容的に「twitteroauth.php」が悪さをしているそうで、「twitteroauth.php」を読み込んだだけでもエラーになる。そんなはずは無いのに。。と困惑していたところ、ある事で一発解決しました。

PHPのバージョンが原因

PHPの書き方にもよるかと思いますが、自分が書いていたプログラムはPHP5にしか対応していなかったそうで。そしてエラーが発生したサーバーは未だデフォルトのPHPバージョンは4系。結局、PHP5系が動作するようhtaccessで設定したところ、いつも通り動作してくれました。

twitteroauth.phpでエラーが発生してしまった際はまず、PHPのバージョンを確認してみましょう。
posted by Liang Zhaohong at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | SNS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月11日

ツイッターのフォローボタンでボックスタイプを使用する方法

以前『ツイッター(Twitter)のウィジェットをサイトやブログに表示する方法と、見た目の変更』でも書いたURLから、フォローボタン表示のためのタグを確認できます。

◆Twitterリソース
https://business.twitter.com/ja/optimize/resources/
「すべてのフォローボタンを表示 →」をクリック

しばらくこのページに訪れておらず、最近になってようやく気付いたのですが、「ボタンの選択」の中からボックスタイプの表示が無くなっています。他のSNSボタンと縦並びで表示する場合、ボックス表示の方がキレイに見せられるのに。。と思いつつ、本当に無くなったのかと探してみると、「ボタンの選択」から消えているだけで、無くなったわけではないようでした。流れは下記の通り。

1.まずはTwitterリソースで、ボックスタイプになっている前提で、項目を入力し、タグを確認します。
2.タグに data-count="vertical" を追記します。

以上、とてもシンプルな対応でした。追記する箇所ですが、発行したタグにこんな記述があると思います。

<a href="https://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-lang="ja">ツイート</a>


このように追記します。

<a href="https://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-lang="ja" data-count="vertical">ツイート</a>


フェイスブックやグーグルプラスはボックスタイプのボタンが用意されているので、これにて一緒にボックスタイプでの表示が可能となりました。
posted by Liang Zhaohong at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | SNS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月08日

TwitterApiを利用して自動投稿していたのに動かなくなった時の対処法

TwitterApiを利用して、サイト更新時にツイートしたり、XMLから引っ張った情報をツイートしたりしていたのですが、気付かぬうちにこれが動かなくなっている事に気付き、修正対応する事に。

特に複雑な処理はしていなかったので、比較的早く OAuthRequest あたりが怪しい事が判明。調べてみると、このURLがどうやら廃止になっているようでした。

https://twitter.com/statuses/update.xml

変わりにこのURLが有効のようです。

http://api.twitter.com/1.1/statuses/update.json

というわけで、

OAuthRequest("https://twitter.com/statuses/update.xml","POST",array("status"=>"$text"))

を、

OAuthRequest("http://api.twitter.com/1.1/statuses/update.json","POST",array("status"=>"$text"))

に修正すると、無事に動作しました。大きな問題でなくて良かった。。
タグ:ツイッター
posted by Liang Zhaohong at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | SNS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

【SNS】Google+(グーグルプラス)のボタンでエラーが表示された時の原因について

ツイッター、フェイスブック、Google+(グーグルプラス)。「SNSのボタンを並べといて」と言われればとりあえずこの三種だったりしますが、Google+のボタンにて問題発生。

つい先日、ぼちぼちサイトを制作し、先方に確認して頂くためアップしてご連絡。確認を待っておりますと、「SNSボタンがおせないのですが;」と連絡が。「そんな事あるかいな」と思いつつ自分でもクリックしてみると、ボタンが下記のように変身してしまうではないですか。

plus_1199142_plusone_button_error.gif

「なんじゃこりゃ」状態ですが、検索しても意外と事例が出てこず、Google+公式ヘルプの記載も解決には繋がらず。

■Google+ヘルプ
http://support.google.com/plus/bin/answer.py?hl=ja&answer=1199142

そんなこんなで検証を続けておりますと、ようやく原因に辿り着きました。要約するとこんな感じです。

ログインが必要なURLを共有するな

Google+ではボタンが押された際に共有するURLを下記のように指定します。

<g:plusone size="medium" href="http://www.db.gs/"></g:plusone>

hrefを指定しない場合は表示されたページURLが適用されるわけですが、このURLにBasic認証がかかっている場合、エラーになりまっせ、という事なのですね。サイトを制作する際はもちろんBasic認証くらいかけるわけですが、hrefの指定をしないと表示されているページURLが適用される=エラーになってしまった、という事でございました。実はこの現象、フェイスブックでもあるようで。ハマると危険なSNSボタンのエラーについてでした。
posted by Liang Zhaohong at 19:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | SNS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。