2010年12月11日

Touch Diamond(S21HT)でAndroid2.2を動かす!

何かでAndroidを試したい。。。けど、そのためにタブレット買うのも微妙だし、SoftbankをHTC Desireにするか、イーモバイルのHTC Areaを手に入れるか。。。と迷っているところに、イーモバイルのTouch Diamond(S21HT)でAndroid2.2が動くか方法を模索してみたところ。なんとか動いてくれるようで、試してみました。

シムを挿しては試してないで(しかも赤シムしか無いので)その点は未検証ですが、wifiでネット接続は問題なくOK。AndroidマーケットもOK。アプリのダウンロードもOK。一通りAndroidを体験出来ます。CPUの問題か、ゲーム関係の動作ははるか昔のゲームウォッチのようなコマ送りになってしまいますが;

手順はこんな感じ。
※動作は100%保障出来ませんので、実行は自己責任にてお願いしますm(__)m

1.XDANDROID.2.2.AOSP.FRX01.17.09.10.UPDATE_PACKAGE.7zをダウンロード
  http://files.xdandroid.com/

2.展開し、/andboot/STARTUP CONFIG/DIAMOND100 にある「STARTUP.TXT」を /andboot にコピーします

3.コピーした「STARTUP.TXT」を下記の通り編集します
  cmdline に board-htcraphael-navi.inversion=1を追加

4./andboot/conf/Diamond にある「froyo.user.conf」を一つ上の階層(conf)に上書きコピーします

5./andboot 内にある全てのファイル、フォルダをS21HTの内部ストレージ直下にコピーします

6.「haret.exe」を起動します。初回起動時は時間がかかりますが、しばらく待ちます

7.初回のみ起動中に、タッチパネル補正(キャリブレーション)のために、画面の左上に白い四角が表示されます。左上、右上、中央、左下、右下と、表示される順に押して設定完了です
  ※ここで正常に設定出来なかった場合、一度電源を切り、「haret.exe」と同じ階層にある「ts-calibration」というファイルを削除してからAndroidを起動すると、再度タッチパネル補正を行えます


表示はこんな感じです。
101211_1714121.jpg

101211_1715221.jpg


S12HTでAndroid1.5(だったかな?)も試しましたが、比べものにならないくらいAndroid2.2は格段に良くなっている印象。ちなみにS12HTでは上記の「XDANDROID」は動作しませんでした;

気が向いたら正式なAndroid機種を買おうと考える今日この頃でした。


ino@


posted by Liang Zhaohong at 17:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | イーモバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

S12HTでテトリスをプレイ

テトリスが25周年だそうで。あの定番パズルゲームのテトリスですが。googleのロゴもテトリス化している状態(2009年6月6日)。


たまにプレイしたくなるテトリス。以前使用していた携帯にはプリインストールされていたのですが現在は入っていないため、せっかくなのでwindows mobileにインストール出来るフリーのテトリスが無いか捜索。


探すこと5分。やぱりあるものですね。


[ S-Tris 2 ]
http://www.elementsgames.com/stris2/downloads.php

「Windows Mobile Smartphone」の欄より、縦型なら「Portrait」、横型なら「Landscape」をダウンロードしましょう。



stris.jpg



S-Trisですが。まぁテトリスです。美麗な画面で、操作も上下左右のみ。

上 → 回転
左右→ 移動
下 → 少し早く落とす
決定→ 瞬時に落とす

という操作のみ。単純。


他にもゲームがあるようで。「E-Ball」はスクリーンショットを見るとアルカノイド的なゲームのよう。デモ版しか無いようなので、今後正式版がリリースされたらインストールしてみたし。


windows mobileの暇つぶしゲーム、探せばいろいろありそう。



ino@
posted by Liang Zhaohong at 15:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | イーモバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

S12HTをパソコン上で操作

これです。やりたかった事。


パソコンでスケジュールを管理してActiveSyncで同期、ではなく、パソコンがある時はパソコンから「直接」S12HTを操作したい。


そんな希望を叶えてくれるソフトがございました。


MyMobiler


以下はパソコンデスクトップ上にS12HTの画面が表示されているキャプチャです。


MyMobiler.jpg


はい。お見事。


手順としては

1.Download MyMobiler v1.23 (PC Install)をダウンロードし、パソコンにインストール

2.ActiveSyncでパソコンとS12HTを同期

3.S12HT側のインストール、設定が自動で開始

4.パソコンの画面右下にミニ携帯のようなアイコンがあり、設定が完了するとアイコンが青色になるので、ダブルクリック

5.パソコン上にS12HTの画面が表示

という感じで。

一度設定すれば、以降はUSBを接続するだけでActiveSyncと同時に立ち上がってくれます。



パソコンのキーボードで入力でき、コピー&ペーストもOK(若干怪しい部分あり)。


日本語の入力が上手くいかない場合はMyMobilerの「File」→「KeyInput」を切り替えると解決法が分かったりします。


S12HTの画面を縦横切り替えても、MyMobilerを立ち上げなおせば対応してくれます。


パソコンからS12HTへのファイル転送がこのままスムーズに出来ればかなり便利度は高いのですが。。。転送機能はあるのですが、自分の環境では転送するとソフトが落ちてしまいます(ファイルは何とか転送されているようですが)


実用的かどうかよりも遠隔操作をしている感覚が楽しいかもでした。



ino@
posted by Liang Zhaohong at 00:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | イーモバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

ソフトウェアキーボード『emonsip3』

S12HTに標準に搭載されているソフトウェアキーボード。ちっちゃいちっちゃいボタン達。スタイラスペンで使用するにもミスタッチが多く、同じ文字を2度クリックするのも一苦労で「何か良いソフト無いかなぁ〜」と探しておりました。

ちなみに標準のソフトウェアキーボード。

emonsip3-2.jpg


そして。コイツなら片手操作もOKな、ソフトウェアキーボード「emonsip3」。

emonsip3.jpg


この「emonsip3」導入には2つの手順が必要だそうで。


1.touchkeysipのインストール
2.emonsip3をダウンロード


まずは1.から。

touchkeysip

こちらのページ下部でまず「touchkeysip」をダウンロードします。(インストールは付属のドキュメント参照)こちらをインストールする事で、S12HT上で入力方法として「touchkeysip」を選択できるようになります。


続いて、2.のダウンロード。

emonsip3

本家の「emonsip」というものがあるのですが、S12HTはキーボード配列が他の機種と異なるようで、その違いを補正されたものが「emonsip3」だそうで。上記リンク先の記事内右下にある添付ファイルをダウンロードして解凍し、「emonsip3.txt」と「emonsip3.bmp」をS12HT内のマイドキュメント等に置きます。


その後、先ほどインストールした「touchkeysip」のオプションで「emonsip3.txt」を選択すると完了です。


この「emonsip3」は
・片手操作可能なボタンの大きさ
・押した時にボタンが拡大表示→離した時に確定
という点からミスタイプも少なく、使いやすい仕様となっています。


※日本語入力できん!という状態になる時がたまにありますが、一旦標準のキーボードに戻し、日本語が入力出来るモードに変更してから「touchkeysip」に戻すと解決したりしました。


片手でパパっと使いたい方には是非おすすめ!



ino@
posted by Liang Zhaohong at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | イーモバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

S12HTに外部キーボード装着!

『S12HT』
イーモバイルのEMONSTER lite(イーモンスターライト)。
どうすればこいつの機能を活かせるかと試行錯誤。

現状では
・PCメールの送受信
・オフィス(エクセル、ワード)、PDFの確認
・youtube閲覧
・PCサイト閲覧
ここまでは比較的快適な感じまでクリア。

ソフトやブラウジングはある程度充実。S12HTだけで、いかにノートパソコンいらずに出来るか。そこで一番の難関。


キーボード入力。


ソフトキーボードは罰ゲームのような小ささ(あの画面だと仕方無いけども)で、付属のペンでさえ入力ミスが多発。かといって10キーではとてもPCメールのようにガツガツ打つ気になれず。


そこで検索検索。携帯。ミニキーボード。Bluetooth。。。


と。見事にピッタリなキーボードが出現。


RBK-2100BTJ
REUDO(リュウド)の製品である「RBK-2100BTJ」。いろいろ探してみた結果、今日現在ではS12HTに対応した携帯キーボードは「RBK-2100BTJ」くらいのようで。
(ioデータやサンワサプライ製品は恐らく未対応)


「RBK-2100BTJ」はBluetooth対応なので煩わしいコードも無く。設定も1分かからないほどと簡単。S12HTのBluetoothを切ると再度設定しなおさないといけない、という面倒な面はあるが、Bluetoothを切らなければ開いて即稼動。


mkey1.jpg


Macbookに置いてみたり。キーボードの横幅がしっかり確保出来るのは折りたたみだからこそ。持ち運び時はこの半分の横幅。

携帯を置くためのスタンドも内蔵。


mkey2.jpg


スタンドはキーボード左奥に装着、収納できるようになっています。


mkey3.jpg


外装はプラスチックな感じで正直壊れそうな印象は否めないですが。それでも丁寧に作られている印象と、付属のソフトケースの質感の良さがカバーしてくれます。


日本語配列が『RBK-2100BTJ』、英語配列が『RBK-2000BTII』と2種類に分かれていますが。リュウドのホームページから専用ソフトをダウンロードすれば、どちらの商品を購入しても問題なく動作するそうです。


windowsボタンや全角/半角切り替えをキーボードから行うと不思議な気持ちです。かなり「パソコン」な気分。超ミニパソコン。キーボードは単四電池2本で動作します。


値段はお店によるかと思いますが、9,800円ほどかと。


と、キーボードの動作を確認して満足しそうになった時点で新たに不便な点。S12HTではテキストエリアがアクティブになった際、自動的にソフトキーボードが下からニョキっと出てきますが、このソフトキーボードを表示しないようにしたい。画面の半分近くを潰してしまうので。

なのに。

ソフトキーボードを完全に表示しないようにするには、どこで設定するのか。むしろ出来るのか。


説明書見てもネット見てもパッと分からず。サポートに聞いてみるかいな〜。。。


ino@
posted by Liang Zhaohong at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(1) | イーモバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。